脱毛サロンの技術はやっぱり凄いね

脱毛サロンと自分で脱毛の違いは

脱毛サロンが流行っています。全身脱毛となるとそれなりの金額はかかりますが、例えばワキだけなら信じられないような低価格で脱毛できるサロンも登場し、若い女性などでも気軽に通えると人気となっているのです。
そんな脱毛サロンと自分で脱毛するのとの違いはなんでしょうか。ずばり、脱毛の持続性と肌への負担が違います。自分で脱毛というと毛抜きがメジャーでしょう。時間はかかりますが簡単に抜けるのでお使いの方も多いかと思いますが、実は肌への負担が非常に高く、大変危険な方法なのです。つまり、毛抜きで抜く際に肌に余計な力がかかってしまったり、肌を傷つける可能性があるのです。しかも、毛は抜けてもまた生えてきます。生えたらまた抜くというサイクルを繰り返すとどんどん肌を傷めてしまうのです。具体的には、埋もれ毛、黒ずみなどの原因となるのです。
一方、脱毛サロンはというと、一般に毛のメラニンに反応する光を照射し、毛根を熱処理していく光脱毛という方法で処理を進めていきます。光を当てるだけなので肌へ与えるダメージは少ないですし、毛根にダメージを与えるので、最終的には毛を生えてこなくさせることが可能なんです。しかも脱毛サロンでは通常、照射後の保湿ケアは欠かさず行います。いくら肌へのダメージは少ないとは言え、毛根が熱処理される過程で肌の水分が蒸発、どうしても肌が乾燥してしまうためです。乾燥というのは肌にとっては非常に危険は状態です。肌のバリア機能が失われてしまうので、保湿は重要なんです。
一時的に毛がなくなるだけで、また生えてきくる、しかも、肌に負担がかかるため、様々な肌トラブルへのリスクが高まる自分でする脱毛に対して、脱毛サロンの光脱毛では、毛根を処理するので肌への負担が少なく、しかも続ければ毛が本当に生えてこなくなるのです。
このように自分でする脱毛は百害あって一利なしです。ムダ毛が気になるなら自分でする脱毛は直ちにやめて、脱毛サロンに通うのが身の為です。